ケータリングサービスは利用者のニーズを満足します

subpage01

ケータリングサービスが盛んです。

もともとは、企業や各種団体でのパーティーの場に出て、そこで模擬店を開いたり、調理した料理を提供するサービスのことを指していました。
広い意味での出前と同じことです。

ただ、寿司やピザの出前がデリバリーという用語を使っていることもあって、レストランや各業者のサービスは、ケータリングの言葉を使用しています。最近人気がよくなってきた理由というのは、幾つかあります。


ケータリングであれば、お店を借り切って行うパーティーと違い、自分の望む場所で料理を味わうことができるのです。

とりわけ、自分の家でホームパーティーを開くときなど、会場がホームグラウンドなので、勝手もわかっていますし、安心して楽しめるというのは大きな魅力です。

しかも、日常、自分たちが使っているキッチンで料理が行われますので、目の前でプロの調理を見ることも可能です。すでに仕上がっている惣菜などを運び込むのとは違っていますので、温かい料理を食べられるというのも、出席者からは好評です。さらに、ケータリングサービスですと、業者やレストランを変えることで、いろんな違った調理を楽しめるのです。フランス料理をした次回は、懐石料理をする、というように、バリエーションが豊かな点も好評を博しています。
多くの業者では、依頼者の予算に合わせて適切なプランを提案してくれます。
新年会や新入社員歓迎会、暑気払いなど、さまざまな催しでケータリングサービスが利用されています。


ケータリングとは、注文した料理を希望の場所まで届け、配膳や出張料理をしてくれるサービスです。

同総会や家庭でのお祝いごと、歓送迎会や打ち上げなど、幅広い用途で利用することができます。

会場のセッティングや、終わったあとの片付けもしてくれる大変便利なサービスです。ケータリングにはさまざまな種類があり、料理だけを注文することも可能です。


フレンチ、イタリアン、和食など料理をひとつのジャンルに絞らずにすむので、参加者の好みが分かれている場合や年齢層が幅広い時に利用すると便利です。
ケータリングといえば、オードブルが並んでいて料理が冷めているというイメージを持たれがちですが、料理人に目の前で調理してもらうことも可能なので、パフォーマンスとして喜ばれます。
各ケータリング会社の特徴や扱っているサービスを比較検討し、受けられるサービスを把握しプランを立てましょう。

依頼する際は、会場や参加人数、希望の料理や予算に沿って、プランナーと相談して内容を決めます。

ボリューム重視にするか、クオリティ重視にするか、飲み放題にするかなど参加者の年齢層や規模を考慮してプランを立ててください。
料理の写真やメニューを参考にするとよいでしょう。ネットやメールでの問い合わせで見積もりを出してもらうこともできます。納得のいくケータリング会社を選びたい時は、電話での問い合わせや可能であれば実際に出向いて相談するほうがよいでしょう。会社の雰囲気や対応も重要です。

話題になっている江東区のケータリング関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

ケータリングのサービスに関してお困りですか。

オススメのケータリングについて気になる方はこちらです。

名古屋のうなぎに関する情報を提供中です。

新宿のケータリングについての情報を提供しています。

http://top.tsite.jp/lifestyle/table/i/23564141/

http://www.sankei-digital.co.jp/news/pdf/20090204_press.pdf

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08735360U6A021C1L60000/

関連リンク

subpage02














ケータリングで気軽に招待

友人や親戚を家に招待する時、時間帯によってはお昼ご飯や晩御飯にどんな物を用意すべきか、頭を悩ますところですよね。料理好きな人にとってはメニューを考えるだけでもわくわくする事かもしれませんが、苦手な人にとってはなるべく避けたい事態ですし、料理が苦手ではなくても、人によって好みの味は違いますから、美味しいと感じてもらえるかどうかなんて、よっぽど相手の事を知っていなければ分かりません。...

NEXT
subpage03














ホームパーティにおすすめのケータリング

ケータリングとは指定された場所に食事を提供してくれるサービスのことで、出張料理とも呼ばれます。調理の設備をお客の自宅など指定された場所に持ち込み、パーティ料理を提供するこのサービスは、アメリカなどを中心によく利用されていますが、日本でも最近人気が高まっています。...

NEXT