日本におけるケータリングとは

subpage01

そもそもケータリングは2つの意味があり、一つは日本でいうところの屋台形式です。
調理可能な車などを持ち込んで、そこで飲食のサービスを行います。
作る環境までも、用意するスタイルです。
もうひとつはすでに調理している料理を、依頼された会場などに持ち込み、配膳などのサービスまで行う形式のものです。

他種類に及ぶケータリングとデリバリーに関する情報に追加しています。

セッティングまでが業務に含まれます。

有名な日比谷鉄板焼きの最新情報を見つけよう。

また機内食のように、お弁当形式で提供することも、ケータリングと呼ばれます。


日本においては、後者をケータリングと呼ぶことが多く、接待要員の派遣も含めているケースも見られます。

主にイベント会場や会合、宴会、冠婚葬祭に使われている式場などに、サービスが提供されています。

しかしケータリングが持つ意味はさらに拡大し、今ではテレビ関係や芸能関係のイベント等で演者に対して用意されるお菓子類やお弁当も、外部から提供されるものについて、そのように呼ぶことが多くなっています。

店舗以外の場所で提供されることから、仕出しと同じように解釈できなくはありません。住み分けが難しくなりますが、仕出しは店でつくった食事を盛る付けし、それを提供するサービスです。

ある意味、お弁当や出前と立ち位置が似ています。
ケータリングの場合には、店と同じようなサービスを提供するために、その場で調理し、盛り付けも行うために、配膳スタッフなども派遣することがあります。

このサイトで小牧の鰻を理解するには正しい知識が必要です。

サービスの特性によって、この二つを差別化することが可能です。
ケータリングとは顧客が指定した場所に出向いて、料理を配膳しサービスを提供する宅配型の食事サービスです。

調理済みの料理を持ち込んで配膳したり、バイキング形式で食事を提供したりします。

人気な江東区のケータリングの詳細は専用ホームページで紹介しています。

また調理の段階から現場で作業をし、臨場感を出す演出をするなど多彩なサービスの展開が広がっています。
ケータリングは主にイベントや宴会、パーティなどで使用されることが多いです。

フィンガーフードのケータリングに関する情報を提供中です。

また芸能人がドラマや映画の撮影場所で、食事を楽しむために利用される事も多いのが特徴です。

さらにホームパーティなどでは有名シェフや料理人が自ら赴き、その場で料理を披露するというエンターテイメント性に溢れるサービスも人気です。
提供される料理の種類は実に様々ですが、定番なのは気軽につまめるオードブルや前菜です。

サンドッチやカナッペ、生ハムやソーセージなど万人受けするメニューが豊富です。

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO48173250X01C12A1L71000

またお寿司やピザなどといった片手でつまめる上に、満腹感があるメニューも老若男女問わず人気の料理です。

また和の趣を尊重したい集まりでは和食が安定した人気を誇ります。
お寿司やすき焼き、しゃぶしゃぶや天ぷらなど、日本食を代表とする様々なメニューが揃っています。


オシャレな洋風の雰囲気で楽しみたいパーティには、フレンチやイタリアンなどの洋食メニューが良いといえます。

https://m3q.jp/t/4806?page=2

また春から夏にかけて人気なのが、バーベキュースタイルのケータリングです。
バーベキューというと自分で準備をするのが大変なイメージがありますが、業者に頼めば準備から後片付けまで全てお任せできるので安心です。

http://okwave.jp/qa/q4964583.html

このようにケータリングは時代の進化とともに、顧客の様々なニーズに合わせて多彩に楽しめるのが特徴です。


関連リンク

subpage02














ケータリングで気軽に招待

友人や親戚を家に招待する時、時間帯によってはお昼ご飯や晩御飯にどんな物を用意すべきか、頭を悩ますところですよね。料理好きな人にとってはメニューを考えるだけでもわくわくする事かもしれませんが、苦手な人にとってはなるべく避けたい事態ですし、料理が苦手ではなくても、人によって好みの味は違いますから、美味しいと感じてもらえるかどうかなんて、よっぽど相手の事を知っていなければ分かりません。...

NEXT
subpage03














ホームパーティにおすすめのケータリング

ケータリングとは指定された場所に食事を提供してくれるサービスのことで、出張料理とも呼ばれます。調理の設備をお客の自宅など指定された場所に持ち込み、パーティ料理を提供するこのサービスは、アメリカなどを中心によく利用されていますが、日本でも最近人気が高まっています。...

NEXT