人気のケータリングの傾向

subpage01

人気のケータリングの傾向は、大きく分けて3つほどあります。


一つは自由度。

イベントや冠婚葬祭などで手配されることが多いケータリングですが、この時の雰囲気や年齢層などによって、好まれる料理の内容も違ってきます。

決まり切ったメニューでは、満足を提供できない場合もあります。

その時に事細かいメニュー構成に応えることができる自由度が重視されます。


どういった場所で開催されるイベントで提供するのかといったことにも、幅広く対応できる柔軟さも人気があります。

二つ目は、高齢者が好ましいと思えるメニューが提供できるケータリングが人気です。

高齢者向けに施設などのお弁当を提供している企業が牽引している分野です。


そのノウハウを生かし、料理の口当たりの柔らかさや、味付けの優しさ、季節感を取り入れるなど、工夫を凝らしています。


もうひとつは価格帯です。


工場で大量生産することでコストを下げ、安全性の高い食材をリーズナブルに提供することに特化している業者も人気です。

同時に、少人数にも対応できるところも指示されています。
これらの特色をニーズに応じて消費者側が上手く選択できる、ケータリング事情となっていることは、大変好ましいことです。

すべて安全性や栄養表示などを踏まえた上でのことで、これが最低限、応えるべきサービスと言うことになるでしょう。

また決済方法の自由度が高い業者も、ありがたいものです。
厳禁のみならず、カード決済や振り込みなどが利用できると、依頼しやすくなります。


会社や団体などで開催する懇親会やパーティ、友人が一堂に会する同窓会など、多くの人が集まる催しで、とても重要になるのが料理のこと。そんな時、幹事の強い味方となってくれるのがケータリングです。

会社や施設などの会議室やイベントスペースに料理を用意してくれ、設置からパーティ中の給仕、後片付けまでを行ってくれます。
ピザやフライドチキン、握り寿司などの料理の用意だけで終わるデリバリー(出前)と違い、ケータリングは全てをプロに任せることが出来ので、幹事の心配事が一気に解消します。そして何より自分たちだけでは大変な華やかさを演出してもらえます。

利用するには、日にち、時間、場所、人数の相談から始まります。

この時、ケータリング会社によっては10人以下の少人数や数百人以上の大規模な場合、受け付けてもらえない場合があるので注意が必要です。


そして開催概要が、ある程度決まったところでプランニングと見積もりとなります。
この段階で、担当のプランナーと料理やサービスの希望を打ち合わせていきます。
会社によっては、会場の下見や料理の試食にも対応してくれので、分からないことやお願いしたいイメージは遠慮なく確認することが、パーティ成功のカギです。

これで全てが納得できれば注文は完了となります。

気になる料金ですが、一人数千円という、一般的な宴会とあまり変わらない金額から利用できるプランもあります。さらに花見や花火大会といった屋外で利用するという、ユニークな活用方法もあります。

東京の寿司の情報をお知らせします。

お手軽の大阪のオードブル宅配に関する有益な情報をご紹介いたします。

ケータリングパーティの最新情報ならこちらを参考にしてください。

ケータリングサービスに関連した書きかけ項目です。

東京のケータリング情報は信頼性が高く、好評です。

http://matome.naver.jp/odai/2138038960035152801

http://www.excite.co.jp/News/release/20160627/Dreamnews_0000134293.html

http://www.asahi.com/articles/ASJB0630XJB0UBQU00S.html

関連リンク

subpage02














利用者も安心のケータリング

ケータリングは、屋台や出店などの役割を果たすこともあります。日本にはテキ屋が営業している屋台や出店があり、お祭りなどをにぎわせています。...

NEXT
subpage03














ケータリングサービスは利用者のニーズを満足します

ケータリングサービスが盛んです。もともとは、企業や各種団体でのパーティーの場に出て、そこで模擬店を開いたり、調理した料理を提供するサービスのことを指していました。...

NEXT